撮影記録方法をRAWからJPEGへ

スポンサーリンク

こんにちは。YUTOです。

先日「FUJIFILM X-Pro2購入!! – YUTOLOG」で紹介したように、新しくFUJIFILMのカメラを購入しました。

僕は以前Nikonのカメラを使っていたのですが、その時はよくRAWで撮影していました。

家に帰って、良い写真だけをLightroomでじっくり編集して現像という作業です。

最初のうちは彩度やコントラストが高い、はっきりした写真が良いと思い込み、コッテコテに編集していました。

しかし後で見で見返してみると何か違うと、また編集の繰り返し。

自分の好きな色というのが分からなくなっていました。

色んな方の写真を見ていく中で、FUJIFILMで撮られた写真にとても魅力を感じました。

また、FUJIFILMを使っている方はJPEGで撮られている方が多いです。

僕はRAWで撮影したほうが絶対良い写真になる、高画質だと思い込んでいました。

しかし、RAWで撮影したからといって、必ず良い写真になるというわけでもないです。

そこから僕はFUJIFILMのX-A2を追加で購入し、次にはX-T10、そしてNikonを全て売却して、X-Pro2を購入。FUJIFILMへとマウントを変更しました。

僕はFUJIFILMの色が好きで買い換えました。

FUJIFILMを購入してRAWで撮影していては、せっかくのFUJIFILMの色が存分に発揮されてないです。

RAWというものは光のデータです。JPEGはカメラ内でRAWデータを現像したもの。

つまり、LightroomでFUJIFILMの色合いに近づける事ができますが、あくまで近づけるというだけで、完全にフジの色になるという訳ではないです。

なので、僕はFUJIFILMにマウントを変更してから基本JPEGで撮影をしています。

もちろん、星撮りや印刷してどこかに送るなど、微調整が必要な時は劣化の少ないRAWで撮影しますが、それ以外はJPEGでFUJIFILMの色を楽しんでいます。

それと編集という作業がなくなるので、撮影してからもかなり楽になりました。

撮影記録方法は人それぞれの考えがあるので正解はないのですが、僕個人の考えとしてはFUJIFILMを使っていない方はぜひ一度使って、フジの色というものを見てほしいです。

他にもVSCO Filmというものが素晴らしいのですが、それは後々紹介していきたいと思います。

f:id:ytter3:20160727114943j:image
FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

FUJIFILM ミラーレス一眼 X-Pro2 ボディ X-Pro2

スポンサーリンク