FUJIFILM X-Pro2のフィルムシミュレーション「ACROS」を使ってみて

スポンサーリンク

こんにちは。YUTOです。

今回はX-Pro2のフィルムシミュレーションにある”ACROS”を使って写真を撮ってみたので、いくつか紹介していこうと思います。

X-Pro2から新しく追加された新フィルムシミュレーションです。

”ACROS”たるには、どんなモノクロ表現であるべきなのだろうか?

一つに、”世界最高の粒状性”と賞賛されたACROSらしい”微細な表現”ができること。次に、モノクロフィルムで撮り印画紙に焼いたような、”重厚な質感”を表現していること。被写体のディティール、写真としての質感、と言い換えても良い。

新フィルムシミュレーション “ACROS” | Xストーリー | FUJIFILM X

まず作例からご覧ください。

FUJIFILM X-Pro2 + XF35mmF2

f:id:ytter3:20160806094239j:image f:id:ytter3:20170106222224j:plain f:id:ytter3:20160806094335j:image f:id:ytter3:20160806094348j:image f:id:ytter3:20170106221449j:plain f:id:ytter3:20160806100659j:image f:id:ytter3:20160806094357j:image f:id:ytter3:20160806094352j:image f:id:ytter3:20170106221922j:plain

いかがでしょうか。

少しコントラストが高めで、とても美しい階調を出してくれます。

どんな被写体でも味のある写真になると思います。

追記 こちらの記事も参考にどうぞ↓

モノクロ(白黒)写真のアウトプット

僕は今までNikonを使っていた時は、RAWで撮ってLightroom内でモノクロ現像していました。

しかし、FUJIFILMを使うようになってからカメラ内で大体作業しています。

FUJIFILMは個人的に納得のいく写真に仕上がるからです。

ACROSは特に評価が高く、買って損はないかと思います。ぜひ一度試していただきたいです。

購入を考えている方はぜひ、ご参考にしてください。

スポンサーリンク